イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

当社販売のDS3が新車~2回目の車検を迎えました

新車をご購入頂いたお客様のDS3が2回目の車検で、入庫しました。

新車整備時の記事は過去の工場通信にてご紹介しています。
DS3スポーツシックの納車整備をスタートしました

DS3スポーツシックにDefiのメータを3つ付ける

DS3のメーターブラケットが完成&LEDやHID取り付け

距離は大きく増えてはいなかったのですが、車検整備と併せて行う内容を点検していると、
気になる点はいくつか見つかりました。

バッテリは、2年前の車検時に交換していますが、テストの結果交換する事となりました。
マイナスターミナル側への加工により、バッテリカバーを外さずにテストが可能です。
RIMG2134 RIMG2135
1.6THPシリーズは、バッテリの状態を判断するのに、分解が必要なのです。
「バッテリの状態は気軽に、まめに、行いたいですよね。」

フロントのブレーキパッドと、ディスクロータは消耗が激しかった為、交換します。
RIMG2116 RIMG2117
新車当初は、スポーツ走行も想定していた為に低ダストを選択しませんでしたが
今回は気分一新、低ダストに変更します。
ちなみに、新車時に低ダストを装着していると、今回はブレーキパーツの交換は
不要であったと予想できます。
「低ダストパッドは、汚れず・ロングライフ・ロータにもお財布にも優しいのです。」
SessAブレーキパッドは最新車種までランナップに随時追加中です!

タイヤは、もう限界です。
今回は、ミシュラン・パイロットスポーツ4を選択します。
RIMG2130 RIMG2129
「お乗りの車のタイヤサイズに、PS4がラインナップされているなら、迷わず選んで正解です。」

下回りも入念にチェックします。
RIMG2120

やはり、想像通りの劣化が見つかりました。
RIMG2126
最近非常に多い症例のひとつ。
ウォータポンププーリの劣化です。
今回は、プーリとベルトのみを交換します。
距離によっては、フリクションプーリや、ウォータポンプの交換も必要となります。

リバースランプスイッチからのオイル漏れでしょうか、センサがベタベタです。
掃除をして、経過観察をする事にしました。
RIMG2127

新車時に装着した、HIDや、メータパネルは5年経った今も変わりなく健康でした。
RIMG2112 RIMG2113
HIDも消耗品ですからね、片側不点灯や、チラツキが出始めたら交換を考えましょう。

ラインセンスランプのLEDは、片側不点灯となっていました。
現状点灯している側も、光量が低下しています。
これらは、新しいLEDバルブへと交換します。
RIMG2136

お客様との打ち合わせを行い、スチーム洗浄・タイヤ交換・ブレーキ系統の整備から開始します。
RIMG2190

安心して乗って頂ける様、引き続き作業を進めます。