イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー&シトロエン1.6THP車におけるオイル漏れの修理

オイル漏れにはスルーできる内容と、そうで無いものがあります。

エンジン始動中にポタポタと滴るくらいに漏れる内容はNG.です。

こちらの308CCは、ポタポタと滴る症状でしたので、漏れ箇所を探りました。

オイルエレメントブロックの取り付け部のガスケットが悪い様で、そこから漏れています。

パーツリストを見ると、唖然としました。
ガスケット単品の供給がありません。
エレメントブロックアッセンブリーで交換しなければいけません。

部品代金が高価ですが、お客様と打ち合わせを行い、部品発注と交換を行いました。

新旧比較。
溝に沿って、ゴムシールがはめ込まれています。
この部品だけ欲しいのです。
RIMG2751 RIMG2752

形状が異なります。
水冷式オイルクーラが取り付けられています。
RIMG2753

取り付けを行ない、漏れの確認、冷却ラインのエア抜きなど行い完了です。
RIMG2755