イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

こんな時こそ出番です!

エアコンのガス漏れが著しく、チャージ後1時間ほどの経過で、150gのガスが抜けていきます。
車はアルファロメオの156です。

原因を探る為に、適正量のガスをACSにてチャージし、エアコンを作動圧で循環させます。

ガス漏れ検知器で探ると、反応を示すのがココ。
RIMG3166 RIMG3167
サービスポートです。
樹脂製キャップの周囲で検出する様です。

キャップを外してみると、激しく反応を示しました。
RIMG3168
ケースとしては珍しくはないのですが、今回の漏れ方は盛大です。
中身のバルブのみ交換できればベストですが、残念ながら部品供給されないのです。

なので、SessAエアコンサービスポートキャップの出番です。
RIMG3169
アルミ製キャップと、内部シールにより漏れてるバルブコアでもガス漏れを止めます。
RIMG3171
エンジンルームにさりげない華やかさもプラスします。