イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ブレンボからapへのコンバージョン作業

ブレーキ性能を上げる事、それはファッションでは無く、確実な制動を手中に収める事。
と、同時に見た目の迫力が手に入る、大人のチューニングだと思う。

今回作業を行った車輌は、アルファロメオの159。
標準装着のブレンボからエーピーレーシング製のキャリパに変更、それと合わせて
ディスクロータは2ピース構造とし、大径化とベンチレーテッド機能も向上させます。
RIMG3216

オリジナルのブレンボキャリパを脱ぎ捨て、更なるストッピングパワーを得るというのは
本当に贅沢な作業とも言えますね。
RIMG3214 RIMG3217
このままでも十分に格好も良く、キチッと制動するのは言うまでもありません。

ここに装着するブレーキシステムがこちらです。
RIMG3218
ディスク外径は365mm
標準ブレンボのディスク外形は330mm
35mmの大径化となります。

ベンチレーテッド面積が非常に大きく、熱を確実に外へ排出するデザインは迫力大です。
RIMG3219

そして2ピース構造
RIMG3224

どのくらいの見た目の違いがあるのかというと。
IMG_0715
IMG_0717 IMG_0716
手をいっぱいに広げると、外周までの距離に違いを確認できます。

ホイールを取り付けると、キャリパとホイールのクリアランスがかなり近付いたのが分かります。
RIMG3227 RIMG3214
目に飛び込んでくる景色が変わります。

実際に見ると、物凄い迫力です。

ちなみにですが、リヤも負けていません。
ここまで読まれて、フロントばかりそんなに強化しても?と思われた方もいると思いますので。
RIMG2581 RIMG2591
いや、むしろリヤの方が凄いですね。

ロータを重ねると、もう純正のブレーキが完全に隠れます。
RIMG2584
こちらの商品もワンオフ製作品です。
RIMG2585 RIMG2586

お客様からのご要望をフルオーダーで形にした内容です。
通販対象商品ではありませんので、悪しからず。