イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

車種問わず、エアコンガス漏れの対策方法

IMG_0611
先日の作業中に気になった事です。エアコンのガス入替えの際にサービスポートに装着されている黒色の樹脂キャップを外すと、圧力が掛かっていて「ポンっ」と音が出ることがあります。これはサービスポート内部のバルブコア(タイヤのエアバルブの様な物)の機密性が甘くなりじわじわとガス漏れが発生している状況と判断出来ます。

バルブコアが部品として供給される場合は、迷わずコアを交換すべきです。
IMG_0612
ルノー・シトロエン・プジョーは部品として供給されるケースが多いのですが、イタリアンは供給されない事が多いです。

そしたらどうするの?ですよね。
エアコン配管毎交換する。お高く付きますね~。
漏れっぱなしで毎年ガス交換をするのも手ですが、エコではありません。
できれば完治してくれると嬉しいです。

そこで、自分達が考えた方法は、漏れたバルブコアのまま、ガス漏れをストップさせる手段です。
IMG_0613
この様なサービスポートキャップを作っています。
裏側は、シールリングが装着されていて、密閉させる事によりコアから漏れたガスをキャップ内で保持させます。
IMG_0614

IMG_0615
ACSメンテナンスの施工車輌に、2個setで販売・取付をしています。

ちょっと荒技感もありますが、堅実な修理方法です。

Written by Hashimoto