イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

トピックス

今日のREDPOINT 2018/04/10

2018/04/10

プジョー106s16のエンジンマウント交換です。
純正品が生産終了となってしまっていますので、社外品での対応となります。
IMG_1269
作業を行った車両には、画像の黒いキャップのタイプが装着されていました。

黒いキャップ=古いのです。
もっと古い純正品はオレンジのキャップです。

オレンジ→黒→白と年代別にキャップの色が変わります。

106のエンジンマウントは切れてしまった場合でも、マウントブラケットがボディ側に
乗りかかるため、下まで行きすぎる事はありません。
IMG_1270

前後方向と下側に対して保護する為のバッファもボロボロです。
IMG_1271
マウント内部には振動緩和の為のダンパーオイルが封入されているのですが
そのオイルも流れでしまっている様です。

マウントの中央部のボルトはM8の細い物が使用されています。
疲労折損を防ぐため、強度を上げたボルトに交換します。
IMG_1273

外したマウントと、新品マウントの軸部の下がりを比較
IMG_1275 IMG_1276
センター部にエンジンの重みが常にかかっていますので、ご覧のように
中心部が下がってきます。
IMG_1274

これから106に乗るという方も多いですので、メカニカルパーツに関しては
生産終了情報をいち早くキャッチし、未然に部品調達なども行っています。

  • レッドポイントをはじめてご利用のお客様へ
  • Web特別企画
  • オリジナルパーツ・おすすめパーツ
  • レッドポイント工場通信
  • セットメニュー一覧
  • めっけもん情報
  • Red Point 買取サービス
  • 特選中古車
  • ラテン車 レンタカーサービス
  • 採用情報

ラテンカスタマーサービス

  • LAVEC
  • A.TRUCCO KAWAGUCHI
  • A.TRUCCO NAGOYA
  • torimi.net

リンク

  • LATIN FESTA
  • O・Z
  • ミシュランタイヤ