Web特別企画

2002 Alfaromeo156
SportsWagon 完全リファイン計画

1997年のフランクフルトモーターショーでデビューし、2005年に生産が終了するまでの8年間、アルファロメオ史上最高のセールスを記録したと言われる名車、156(イチゴーロク)。思い入れがあるイタ車好きの方も多いのではないだろうか。特に、2002年のマイナーチェンジでエンジンが直噴化される以前の”2リッター・ツインスパーク”モデルには「あれは良かった!」と思わず熱く語ってしまうマニアな方も少なからずいるだろう。もちろん「今も頑張って乗り続けてます!」と語る真性アルフィスタも国内外にまだきっと多く生息しているに違いない。

今回のレッドポイントWeb特別企画では、2002年当時に並行輸入された走行10万キロオーバーの156スポーツワゴンが題材だ。レッドポイントが持っている豊富なノウハウと最新鋭のメンテナンス技術を駆使して、この名車をバシッと蘇らせていく。デビュー当時から156を数えきれないほどメンテナンスし続けてきたレッドポイントの手によって、果たしてどのような156が仕上がってくるのか。複数回に分けて、その過程をレポートしていく予定だ。どうか焦らず、じっくりとご笑覧頂きたい。

Report:岩瀬佑樹 Photo:岩瀬佑樹・REDPOINT

スペック

年式 2002年式(新車・並行輸入車)
エンジン2.0リッター直列4気筒ツインスパーク
ハンドル
トランスミッション5速MT
走行距離109,595km

詳細レポート

PHOTOレビュー