今日のREDPOINT 2018/06/26

ABARTH595のショックアブソーバーとスプリングの変更に伴い、ダンパー本体のストロークが思ったより少なく、スプリングレートを望みの高レートにすると車高が定まらず、突き上げも感じられる為、再度足回り分解、ショック加工となりました。

IMG_4256
ショック本体のトップを加工製作で35mm程の全長を変更、更にスプリングアッパーシートの変更により、望の高レートのスプリングが装着可能になりました。

IMG_4267

トップネジ部をショート加工、センターに六角穴を設けます。

IMG_4268
早速、明日は現車取り付けを行いアライメント調整後、走行テストを行います。