イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

IMG_0303

継続検査・車検整備でのお預かり中のアルファ156ですが、メーターパネル内の警告灯が点灯しています。現在の法規上このままでは車検にパス出来

…続きはコチラ

IMG_0276

水回りの整備と、ステージ1メンテナンスを終えましたので、お次はブレーキ系統の整備へと進みます。ブレーキの状態が非常によろしくない状態でし

…続きはコチラ

IMG_0273

アバルト500cを初回メンテナンスでお預かりさせて頂いています。先日、初回の点検をご依頼頂いたお車です。点検での内容を基にご希望事項やご

…続きはコチラ

8E3F05B0-46AC-4FCC-8C77-35FE3CDAAEFF

夏の猛暑も過ぎ、朝晩は過ごしやすい気候に変わってきましたが、まだまだ日中は30℃を超えてきます。 という訳で快適なドライブには欠かせな

…続きはコチラ

名称未設定2

ひび割れタイミングベルトに驚いたアバルトですが、ベルト回りの組替えは終えまして。お次はヘッドライトの交換とHIDコンバージョンKITを組

…続きはコチラ

IMG_0149

車検整備での作業を進行中のアバルト500です。2度目のタイミングベルトを今回施すべきか、来年に持ち越すか?という事でお客様と打ち合わせ

…続きはコチラ

IMG_1807

始めての入庫のルノーカングーⅡは、今後の整備のご案内出来る様、各部の点検を行い充電廻りの点検作業も行わせて頂きました。 普段より充電廻

…続きはコチラ

IMG_0052

アバルト595はレデューサの取り付けご依頼をご依頼いただきました。 当社の代車、1.4のチンクチェントを数日間ご利用いただいた際に

…続きはコチラ

IMG_0042

この一見すると何の変哲も無い、アバルトのアウタードアハンドルですが。。。 ひとたび開ける操作を行うと? この後です。

…続きはコチラ

IMG_1786

整備中のFIAT500は、クラッチ廻りの整備が出来上がり、ラジエーターの組み付けを行い、フロントセクションの組み付けを進めます。

…続きはコチラ

497555FF-02C0-4C8F-8E05-156024C8A921

12ヶ月点検でお預かり中のPANDAⅢはTwinAir車両で多く発生する樹脂製サーモスタットユニオンの劣化による破損・水漏れを未然に

…続きはコチラ

IMG_9907

水廻りの整備を行っている最中ですが、お客様との打ち合わせからクラッチの整備も今回併せて行う事となりました。前周りがこれだけ開放的

…続きはコチラ

IMG_1773 (1)

SessAブレーキパッド交換とアライメント調整での入庫のABARTH595は、パッド交換から始めます。タイヤホイールを外した所、後輪のみホイ

…続きはコチラ

IMG_1676

分解作業中ののFIAT500は、エアコンコンデンサーが外れている内に綺麗にしておきます。長年の汚れでエアコンの効き具合にも影響が有るかも知れ

…続きはコチラ

IMG_1640

FIAT500の冷却廻りの整備をスタート。ラジエーター交換の為、エアコンコンデンサーを取り外しラジエーターを外します。エンジンルームの全貌が

…続きはコチラ

Page 1 / 2312345...1020...最後 »