イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

トピックス

今日のREDPOINT 2017/5/18

2017/05/18

案外皆さんが忘れがちな事。

それはスペアタイヤの状態のチェックです。

106のスペアタイヤは、フロワーパネル裏側に吊るされています。
最近この方式の固定方法の車、めっきり見なくなりました。

普段見ないだけに、空気圧の点検やタイヤの状態は見落とします。

パンクしなければ不要ですからね。

最近ではスペアタイヤ標準装備の車が激減し、代わりにパンク修理キットたる物が
標準装備されるケースが増えています。

パンク修理キットで本当に治るのでしょうか?

やっぱり一番安心なのは、スペアタイヤですね。

と、いうわけで今日はパンクにて入庫した106のタイヤ交換と合わせて、スペアタイヤの
メンテナンスを行いました。

スペアタイヤ(ホイール)の中に、ジャッキが収納されています。
フロワーにつるされていますので、厳重に取り付ける必要があります。
落下したら大変な事ですからね。
RIMG2766 RIMG2765
埃を落とし、洗える物は洗浄します。
スペアタイヤの空気圧を確認します。
こんなに細いタイヤですが、空気圧は4.2キロ程封入します。
RIMG2767 RIMG2768
元通り復帰します。
しっかりと締め付け、ぐらつかないかを最終確認します。

  • レッドポイントをはじめてご利用のお客様へ
  • Web特別企画
  • オリジナルパーツ・おすすめパーツ
  • レッドポイント工場通信
  • セットメニュー一覧
  • めっけもん情報
  • Red Point 買取サービス
  • 特選中古車
  • ラテン車 レンタカーサービス
  • 採用情報

ラテンカスタマーサービス

  • LAVEC
  • A.TRUCCO KAWAGUCHI
  • A.TRUCCO NAGOYA
  • torimi.net

リンク

  • LATIN FESTA
  • O・Z
  • ミシュランタイヤ