イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

8078604F-1150-4178-A204-215DD81A44BF

継続検査での入庫のプジョー407クーペは、走行距離がジャスト10万キロでの入庫です。概算見積りを制作の為、各部の点検広い出しの際に、SDL診

…続きはコチラ

4620693218518394849.665242b1ac8553420116178df21f3b73.19071210

車検整備でお預かりの106S16は冷却系統の整備を行っています。現在入っているクーラントを回収機により吸い出します。 当社の定番オ

…続きはコチラ

IMG_8179

ディーゼルプジョーにレデューサの取り付けです。 キット化していないレデューサですので、作業前にレイアウトを考えます。 以前に

…続きはコチラ

1C46C77E-8452-4348-91D3-F4296E531882

当社でレンタカーとして使用中の106S16の車検整備を行いました。 レンタカーは毎年の車検ですのでササっと点検してOKかと思い

…続きはコチラ

IMG_8043

バケットシートのポジションを下げたら、ハンドルが高くなって。。。って事でした。 はいはい。りょ~かいで~す。最近は施工する機会が少

…続きはコチラ

IMG_7998

DS3レーシングは車検整備の引き続きで、追加整備を進めています。オイル漏れが複数箇所から発生していた事も有り、さらにはこれまで長期間に渡

…続きはコチラ

IMG_0369

90年代の車両から使われ始めたインテリア素材表皮、プロテイン塗装と呼ばれています。経年経過で表面が溶け出しネバネバです。室内の質感を高める素

…続きはコチラ

IMG_0232

遠方のユーザー様よりABARTH500用のBILSTEIN BSSkitのオーバーホールを承りました。フロントアッパーマウントにSessA

…続きはコチラ

IMG_01951

プジョー106は、リヤ・スイングアームのリペアを行います。トーションバー時代のプジョーのリヤ足は、簡単な様で非常に綿密計算された構造・設

…続きはコチラ

DSC_1029

エンジン冷却廻りの整備が、多く続いております。良く整備の行き届いたプジョー106ですが、予防整備として樹脂製ウォーターインレットをSessA

…続きはコチラ

DSC_1208

暑さが気になり始めたこの季節、エアコンの不具合でプジョー106S16が入庫しました。エアコンメンテナンスを以前行った車両ですが、エアコンのガ

…続きはコチラ

IMG_7243

エレガンスでラグジュアリーなツアラー、C5は12ヶ月点検とタイミングベルトの交換での入庫です。3.0L V6エンジンを搭載する、最後の大

…続きはコチラ

IMG_0099

DS3スポーツシックの最終モデルが、オイル交換作業の入庫です。使用オイルは、SessA10W-40(おいしいオイル)にて行いました。

…続きはコチラ

IMG_7382

高らかに掲げたのは当社ご自慢のオリジナルフライホイールです。純正の極重フライホイールはこんな所まで片手で持ち上げるのは不可能です。現代の

…続きはコチラ

IMG_7359

先日開始した208のクラッチ交換作業を進めています。ちょっとバタバタしていまして、1日間が空いてしましました。足廻りを分解し、サブフレー

…続きはコチラ

Page 1 / 1412345...10...最後 »