イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アバルト595にBMC OTAの取り付けです

スポーツエアクリーナ不動の地位でもあるBMC OTA ボックスクリーナを
アバルト595に取り付けます。
IMG_1638
BMCクリーナの良い所、それは吸気効率の向上は言うまでも無く、そのフィルタ性能にあります。
スポーツクリーナと名ばかりの品物が多い中、BMCは紛れもなく真実のフィルタです。

と言うのも、BMCフィルタを新規取り付けから、メンテナンスに至るまでを
管理していて言えることがあります。
BMCのクリーナは、ちゃんと汚れます。
「はぁ?」って思いますよね。
エアクリーナは汚れてなんぼです。
大気中の埃をしっかりと濾過して、エンジンへと混合器を導いている証拠です。

あまり知られていないかもしれませんが、汚れないフィルターって以外に多く存在するのですよ。

1年使っているのに、フィルタがキレイ!喜んでいられない事です。

あと、BMCのCDAやOTAは吸入空気の流れに対して、フィルタの装着位置が一般的な製品とは
あえての逆にセットされているという事も魅力のひとつです。
どういう事かと言いますと。
下図を参照して下さい。
ota_details_3d
エアボックスの入り口に、フィルタが備わります。
そこでまず、濾過を行いボックス出口のトランペットにより流速を加速・整流し
エンジン側インテークホースへと流れます。

濾過後に整流するのがBMCなのです。

開けてみなければ分からない、構造のお話でした。

エンジンルームを開けて、まず目に飛び込むのが純正クリーナボックスです。
このボックスは全て取り外すことから始めます。
IMG_1639

フィルタボックス・接続配管・ジャバラホースこれらを配置し、ホースの締め付け
ステーの固定を行います。
IMG_1640

単品購入される方も多い、ブローオフフィルタも同梱されています。
IMG_1641 IMG_1642

最後に各部の増し締めを確認し、取り付け作業は完了です。
IMG_1643

アバルト用OTA KITは、現在の所1セットのみの在庫となります。