新商品MCB®の検証を行っております。
モーションコントロールビーム

只今進行中の新商品の検証を行っております。商品の詳細は、明らかにしておりませんでしたが、検証が進みレッドポイントとしても商品の効果を体感出来ましたのでご案内させて頂きます。

新商品は、アイシン精機(株)がアフターマーケット用に提案する、MCB®(モーションコントロールビーム)です。

既存のシャーシに装着する事で、車本来の持つ性能を引出し安定性能と機能性能を高める商品と成ります。

これまでに、国産車用は、開発販売は行われておりましたが、今回、ABARTH/FIATを担当させて頂きました。

ABARTH/FIATなどへの開発計画は、アイシン精機(株)様からの打診から始まりました。ABARTH/FIATのアフターパーツとしてボディ補強の目的の商品は、幾つも存在しております。商品の性格上、全てのユーザー様が満足する事は難しく感じておりました。

今回のMCB®は、ボディ(シャーシ剛性)を強化する物で無く、走行時ボディのたわみ、ゆがみを抑制し、コントロールする商品となります。コンパクトボディのABARTH500の場合、たとえば路面の凹凸を通過する際、フロントサスペションが動き始めてリヤサスペションが納まるまでの挙動が少々安定性に欠けるきらいがあります。シャーシや足廻りなど構造上の制約があるため、致し方ない部分でもあります。ABARTH500オーナーが日頃感じているであろう「リヤからの突き上げ感」も同様です。

足廻りのカスタマイズを多く手がける弊社にとって、MCB®は、このような問題を非常に高いレベルで解決してくれる商品だと感じています。あれだけ苦しんだ足廻りのセッティングがウソの様に解消されてしまう事に驚いています。

ABARTH500用MCB®の開発はまず、弊社保有のデモ車両をアイシン精機様に搬入して行われました。 MCB®を車両へ装着した後、テストコースでの実車走行を重ねて進められました。
弊社においても、我々なりのテスト走行を実施し、車両コントロール時の挙動の変化を検証、確認させて頂きました。

MCB®は、ボディに装着することで、走行時に起こるボディの変形や振動を抑制し、車両挙動の安定性を向上させます。
現在、ABARTH500全車対応 フロント・リヤモーションコントロールビームSETとFIAT500も装着可能な、ラゲージルームモーションコントロールビームを計画中です。

商品の発売には、少々時間が掛かりますが、MCB®を装着されたユーザー様からのお声が楽しみです。ABARTH500に続きABARTH 124 Spiderも開発に入っておりますのでご期待下さい。