イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー106は、ドライブシャフトに違和感が。。

IMG_9727
106S16は、ドライブシャフト周りの作業でお預かりしています。この106、以前から気になっている症状がありまして。左のドライブシャフトの組み付け方に違和感を感じていました。

違和感とは。
分かりますか?
IMG_9704
デフへの差込がこれで限界なのです。

正しくはこうなります。
IMG_9706
そうなんです。差込具合がおかしいのです。奥まで入らないというか、底付きして入らない。。意味不明です。

今回はその原因を確かめる為の作業でもありました。
シャフトを抜いて、目視点検していると。
IMG_9703
中古のシャフトがあったので、比較。
まさかの え~!?です。長さが違う。。こんな事あります?初めて遭遇しました。

で、全体の比較をしていると、アウター側もユニバーサルジョイントが小さい!?
IMG_9708
う~ん、社外品でしょうか?知らぬ間にどこかで交換したのでしょうか。謎です。

謎解きをしても仕方ないので、中古品をベースに組み換えを行うことにしました。
4620693218519887507.cc5dbd2a643d9fea96a9fa5c647d0fe2.19090310
内部を綺麗に洗浄し、ジョイントグリスと保護ブーツを組み替えて、完成です。
IMG_9722

原因が分かって良かったです。
差込の甘い状態でも、ギリギリシールには掛かっていたのでオイル漏れこそは発生しませんでしたが、モータースポーツをする車の場合はきっとダダ漏れになっていたと思います。

Written by Hashimoto