イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

トピックス

ミッションオイル・ギヤオイルはガムのようなもの

2019/07/18

IMG_8360
トランスミッションオイル、いつ交換しましたか?大抵の方は1年に1度?ではないでしょうか。1年間に何キロ走行するかによっても推奨となる交換時期は様々です。FF車の場合、ギヤオイルの交換時期を長引かせてしまったりすると、経験はあると思いますが露骨にシフトフィーリングに不快感が発生し始めます。これはミッションオイルに含まれる添加剤のひとつ極圧添加剤が消耗していく為です。極圧添加剤は、歯車により噛み砕かれ消耗していく為その効果の持続が切れる事でフィーリングの悪化へとつながります。

言ってみれば ガムみたいな物 とはそういう事なのです。
ガムはかみ続けるほどに味が薄れて、最後は全く味を感じなくなりますよね。
ギヤオイルの性質はガムに似ています。適正なタイミングで早め早めの交換を心がけましょう。

車に合せた良質なギヤオイルをご案内させて頂きます。

  • レッドポイントをはじめてご利用のお客様へ
  • Web特別企画
  • オリジナルパーツ・おすすめパーツ
  • レッドポイント工場通信
  • セットメニュー一覧
  • めっけもん情報
  • Red Point 買取サービス
  • 特選中古車
  • ラテン車 レンタカーサービス
  • 採用情報

ラテンカスタマーサービス

  • LAVEC
  • A.TRUCCO KAWAGUCHI
  • A.TRUCCO NAGOYA
  • torimi.net

リンク

  • LATIN FESTA
  • O・Z
  • ミシュランタイヤ