レアなチンクを仕上げて行きます-10 パールホワイト ツインエアー 左ハンドル AT


着々と作業を行うのは、リフレッシュ計画進行中のツインエアーです。
仕上げ方として、お客様の車と何が違うか?それは、言うならばやりたい事をやる。言い方を変えると、チャレンジしながら普段はやらない事もやれる。でしょうか。
例えば、デュアロジックアクチュエータのメンテナンスなんて、通常作業では行いません。
でも、ここをこうしたら良いのでは?の様に興味本位から予定とは違う方向に話が進むのも今回の企画の面白いところです。

そんな流れからインタークーラも交換する事に。
単体テストの結果、ブースト漏れは起きていませんでしたが、加熱時などの条件を加味するともしかすると?という事もあり得ますので。

新品のインタークーラをお取り寄せしました。


フロントセクション・アッセンブリの洗浄もしっかりと行いました。
エアコンコンデンサや、ラジエタの冷却フィンは常に通風する場所ですので埃が溜りやすいのです。
こういった分解の際に高圧洗浄すると風の通りが良くなり冷却効果が上がります。

そして、いよいよ車両へのドッキングを行います。



試運転が可能なところまでようやくたどり着きました。
ミッションの具合も、クラッチの感触も非常に良く、デュアロジックシステムが綺麗に動いているのが確認出来ました。

この後は試運転を重ね、気になる箇所に細かな手を入れて行きたいと思います。

Written by Hashimoto