イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

トピックス

今日のREDPOINT 2017/06/28

2017/06/28

用途は違うのでしょうけど、道具の使い方に少し変化を付けると、新たな発見に出会えます。

アルファ156 V6のドライブシャフト廻りを分解する際に、スムーズに外せ無さそうなナットが。。
RIMG3059
絶対に途中でロックして、このナット外すのに何分かかるだろう。。。と思いましたが、
この方法で難なく外せました。
RIMG3060 RIMG3061
ノズル先端を突き当てて、トリガーを引くと。
RIMG3062
ジャーン!この通り。
固着ナットで厄介なのは、一発目のきっかけは緩んでも、突き出たボルトの錆で再び回らなく
なってしまうもの。
でも、通路をあらかじめ綺麗にしておけば、その心配は皆無です。

循環式のサンドブラスタを使用しました。

その後は、浸透性の高いイールドを用いれば、スムーズに作業が進行します。
RIMG3063 RIMG3064

エキマニのフランジナットで再び使用し、その効果を確信しました。

  • レッドポイントをはじめてご利用のお客様へ
  • Web特別企画
  • オリジナルパーツ・おすすめパーツ
  • レッドポイント工場通信
  • セットメニュー一覧
  • めっけもん情報
  • Red Point 買取サービス
  • 特選中古車
  • ラテン車 レンタカーサービス
  • 採用情報

ラテンカスタマーサービス

  • LAVEC
  • A.TRUCCO KAWAGUCHI
  • A.TRUCCO NAGOYA
  • torimi.net

リンク

  • LATIN FESTA
  • O・Z
  • ミシュランタイヤ