イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ジュリエッタの外気温度計について考える

点検整備でお預りしたジュリエッタですが、メータパネル内に表示される外気温度の表示が
おかしいです。
RIMG3703
その他の車の温度計を見ると、14℃なのですが、現車は-2.5度。

ドライバーが温度表示を無視すれば良い、という話ではなく、この温度はエアコンシステムにも
同様に温度情報を伝えているのです。

ですから、実際の温度よりもセンサー検知温度が低ければ、夏に冷気が出てこなくなります。
涼しいから冷やす必要は無いでしょ?という事ですね。

部品を交換すれば治るのですが、アルファ・フィアットについては、残念ながらこのセンサの単体供給が
ありません。
ミラーごとの全てを交換となるわけです。

センサーの装着位置はここです。
ドアミラーの下側の突起部がセンサです。
RIMG3705
部品金額は調べていませんが、きっと高価であるのは間違いありません。

上手く行くかどうかはわかりませんが、センサの単体交換を他車種用を用いて交換してみます。
RIMG3710
ジュリエッタから外したセンサです。
たったこれだけの部品です。

新しいセンサを組み付け、抵抗値調整を行います。

はい。上手く行きました。
RIMG3707

いつまで調子よく使えるかはまだ分かりませんが、とりあえずひとつの形を作れました。