イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

新型車種にSessAブレーキパッドのフィッティング

数日前の週末ですが、ご予約頂いていたブレーキパッドを2車種に取り付けしました。

1台目はプジョー3008ディーゼルです。
IMG_1021
ディーラ車のディーゼルモデルのプジョーは、当社では初の入庫です。
メールによるお問い合わせから始まり、事前に車体番号から適合を調査させて頂きました。

マッチングの適合がとれていない車種の場合でも、車体番号から適合可否について
調べることが可能ですので、気になる方はお問い合わせ下さい。

2台目はシトロエンC4ピカソです。
IMG_1028
こちらのC4ピカソもディーゼルエンジン搭載でした。

2台とも、電動サイドブレーキを備えています。
IMG_1014
ですので、作業前にテスタによる設定が必要です。

作業中に、電動サイドブレーキが作動すると、指が挟まり危険ですよ。

まず、サイドブレーキを解除し、キャリパーピストンを戻し、その後パッドを組み替えます。
IMG_1022
組み替え後に、再度テスタによるサイドブレーキの設定を行います。
IMG_1020

非常に慌ただしい週末でしたので、細かい写真はございません。

このところは、夏タイヤへの履き替え作業が平日も、週末も非常に多いです。

オイル交換やタイヤの付け替えでご来店予定の方は、必ず数日前にご予約をお願いいたします。
当日の突然のご来店は、作業をお受けできませんのでご了承下さい。