イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

デュアロジック・アクチュエータ交換

IMG_2285
デュアロジックアクチュエータの不具合の為、今回はユニット本体を交換します。
過去にアクチュエータ本体の修理も行っていましたが、結果的に本体交換がベスト
な結論に至っています。
IMG_2297
取り外したアクチュエータの裏側ですが、純正採用されているガスケットの種類が変わった
のでしょうか?シリコン系硬化形ガスケットが塗られています。
従来は、フランジガスケットの圧縮部のみが硬化する物でした。
シリコン系は、はみ出た箇所も硬化する為、破片が構造物内に入り込むためこの様な
箇所に使われることは少ないです。

IMG_2300
もしくは、過去に何らかの修理を試みたか。色々考えられますが、システムの作動不良の
原因がアクチュエータ内部に存在するならば、その他の消耗品も同時に交換出来るという
メリットを考慮し、本体を交換します。

IMG_2307
アクチュエータ廻りの分解時には、平編みアースケーブルの交換もお忘れ無く。
過去にご紹介していますが、電子部品には確実なアースは非常に有効です。

この後、テスタによる基本設定を行い試運転期間に入ります。

Written by Hashimoto