イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

2019/04/05 | タイヤサービス

8BFB9308-BE1D-4047-9D87-49A4025B3567

シトロエンC5のホイールをお預かりしタイヤ交換です。 新車からの装着タイヤはミシュランのプライマシーHP。 溝の

…続きはコチラ

IMG_5259

MSA(マルチスパークアンプ)は、燃料混合気を完全燃焼状態に近づける事により、エンジンのフィーリング(レスポンスアップ・トルクアップ

…続きはコチラ

IMG_8581

FIAT500の純正は、ホワイトマーカーが標準ですが、お手軽に手を加える事の出来るアイテム。レトロフィットサイドマーカーを装着しました。発光

…続きはコチラ

IMG_5240

車検整備で作業を行っていた916スパイダーV6です。 一通りの作業を終えましたので、お客様への納車となります。 ちょっと面白

…続きはコチラ

IMG_5243

今回の141パンダ(旧パンダ)の為にご用意しました新品パーツの群れです。 人気の高いパンダですが、国内流通の部品調達も難しい物が増えて

…続きはコチラ

2019/04/03 | ルノー何気ない作業風景

IMG_5204

12ヶ月点検でお預かりしています、ルノーカングー2です。 新車からの経過年数は1年ですのでコンディションが良いです。 外装も

…続きはコチラ

IMG_5031

日々行う整備の中で、使用頻度の高い工具と言えばトルクレンチです。 ホイールを締める際にはもちろんの事、車に関するボルトナットには全て規

…続きはコチラ

575860738.708930 (1)

GTのボディを纏った車両の多くは2.0JTSエンジン搭載で有る事が多いですが、今回作業を行うGTにはV6 3.2Lが搭載されていて国内モ

…続きはコチラ

IMG_8077

車検入庫のABARTH500は、エンジン側面に水漏れの形跡が気になります。早速各部を分解、原因を探ります。 ウォーター

…続きはコチラ

IMG_8532

ポップなカラーがたまらない、フィアット・パンダアレッシィは、沢山の作業のご用命を頂き、完成に近付いてます。室内環境も忘れずリフレッシュ。エア

…続きはコチラ

IMG_8510

フロントショック機能不良pandaⅡ修理の為の部品が揃いました。車両の点検にてロワアームのブッシュ・ボールジョイントにも劣化が有り同時交換を

…続きはコチラ

1538EBAC-1529-41E6-A9CF-947BE642510B

2台のエンジン整備を進めている中、部品待ち状態であったパンダの部品が着々と揃いました。 明日より作業に着手します。 タイ

…続きはコチラ

IMG_5183

先週開始しました、106S16の乳化現象の修理の続きです。 シリンダヘッド本体が機械加工より戻って来ましたので、早速組み付

…続きはコチラ

575629942.721319

完璧なまでにズボ抜けた右側フロントダンパー。 車両はフィアット ニューパンダ デュアロジックです。 ニューパンダってのは、2代目

…続きはコチラ

IMG_5116

ハードワーク山盛りです。 こちらも先日の106同様に超長期間のお待たせ車両です。 今のうちに出来る事を馬力かけて動かします。

…続きはコチラ

Page 30 / 92« 先頭...1020...2829303132...405060...最後 »