イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

時間の出来た隙にデモカーの点検などを行いました

お客様のお車を最優先で作業を行っていますから、自社デモカー124を最近は
構ってあげれていませんでした。
RIMG4024

少し時間が出来たので、気になっていた箇所をチェックします。

たまに始動直後にミスファイアを感じる事もあり、点火系統をチェックします。
RIMG4027
FF車が殆んどな当社にとって、FR車との整備性の違いを強く実感します。
RIMG4025

スパークプラグを取り外し、全体の外観と、単体火花試験を行った所、4番シリンダに
装着されていたプラグが湿り気を帯びていました。
その他のプラグも焼け色が良くありません。真っ黒です。
RIMG4022RIMG4020 RIMG4019
中心電極の細いNGKのプラグが標準で装着されています。
同一メーカーのプラグで、番手を変更してみる事にしました。
最近は純正のプラグは、NGKから購入するのではなく、カーメーカーから購入する事が多いです。
今回装着したプラグは、その例に漏れず一般商品ではない物を流用しています。

しばらくこのプラグで動かしてみて、様子を見ようと思います。

ついでにリフトアップし、下周りの点検も行いました。
RIMG4032 RIMG4028

デモカーですので、試乗可能です。
是非同型車にお乗りの方々、ご体感下さい。
皆様が口を揃えて言われるのが「アシとブレーキがめちゃくちゃ良い!」なのです。
ぜひとも味わってみてください。
RIMG4030 RIMG4029

昨年の11月にヒルクライムイベントの124でエントリーしました。
そのとき以来、車を全く点検していかった事に気付きました。

ロケーションも良く、最高のイベントでした。
ヒルクライムイベントにご興味をお持ちの方、ご相談下さい。
モータースポーツのカテゴリに属すイベントですが、カリカリの本気マシーンでなくとも
十分に楽しめるイベントですよ。

ちなみに、124はミシュランのラジアルタイヤで走っていますが、十分に楽しめます。
Sタイヤやハイグリップラジアル・車高調が入っていない車でもご自身のペースで、
愛車の限界手前くらいのペースで走ってみましょう!

今年は、ヒルクライムを当社のお客様方とも楽しめればいいな~☆なんて考えています!