イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ABARTH500 (アバルト500) はヘッドライトをプロジェクタタイプに変更+HIDも装着です

IMG_0217
ひび割れタイミングベルトに驚いたアバルトですが、ベルト回りの組替えは終えまして。お次はヘッドライトの交換とHIDコンバージョンKITを組み付けていきます。
新品のプロジェクタタイプヘッドライトを組み付けるのですが、こちらの製品は過去に当社で販売をしていた商品でして、欲しい方の元に行き渡ったと判断し、生産を終了した品物です。
残り1セットのみ!となっていた商品をご購入頂いていました。

やっぱり新品のヘッドライトは良いです!コレ装着すると車が若返りますよ。キラッキラのギョロ目ちゃんになります。
今まで使用してきたヘッドライトは、経年劣化の影響で黄ばみが増していました。
IMG_0218
リフレクタータイプから、プロジェクタタイプに変更です。
ヘッドライトの光量を上げたい場合、ヘッドライトの構造により適した方法が異なります。

今回は、HIDコンバージョンを行うのですが、それは新たに装着するライトがプロジェクタタイプの為だからです。
ヘッドライトがリフレクタータイプの場合は、LEDコンバージョンをご案内する事が多いです。

集光方式の違いにより、製品の性能を活かす最適な手段が異なる為です。

プロジェクタ式は、レンズによる集光するため発光体がHIDの様に強烈に眩しくてもキレイに路面に配光することが可能となります。

リフレクタ式は、反射板により配光する為、発光体が眩しすぎると配光が制御不能となりますので、対向車が眩しいという事になります。
なので、最近はLEDバルブの明るさと信頼性が上がっている為、LEDをオススメすることが多いというわけです。

今回装着するHIDコンバージョンKITは AIRZERO製を使用します。
IMG_0213
黄色い発光は、ハロゲンバルブの光・青白い発光はHIDの光です。

IMG_0211
暖色と白色の違いが歴然ですね。

IMG_0215 IMG_0216
黒色の紙に反射させてもその違いは歴然です。きっちりと集光・配光出来ているのも分かります。

IMG_0222
バラストユニットは、ヘッドライトの下側に収納出来ます。

IMG_0223
装着を終え、若返りを実現しました。やっぱりヘッドライトの鮮度は見た目年齢に大きく差がでます。

光軸調整も行いますが、もう一つやる事が残っています。
元々がハロゲンランプの車両の場合、ロービームのフューズ容量が低い為にそのまま使用を続けると定格容量を超えフューズ切れを起こします。
590381874.900489
アバルト500のオーナーズマニュアル内 フューズ配列一覧です。
F12とF13がロービームのフューズ容量について記載されています。
ハロゲン:7.5A  キセノン:15A です。

今回の車両はハロゲンの為、7.5Aフューズが装着されています。
IMG_0226
最上段の左右がそれです。

IMG_0227
IMG_0228
アフターパーツのHIDは、35Wの物が多いですが、純正装着のHIDよりも明るくパワフルな為、15Aよりもワンサイズ上の20Aに変更します。

これで安心して暗い夜道も快適に走れますね。

たかがHIDですが、向き不向きや、フューズの問題など色々とありますね。

引き続き作業を続けます。

Written by Hashimoto