イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

デュアルマスフライホイール→ソリッドフライホイールにコンバージョン ABARTH500

台数限定の告知を行い、ご予約を頂いた作業を行っています。

ABARTH 595 MTA 搭載車両に、当社オリジナルの軽量コンバージョンキットの組み付けです。
IMG_0913
他社さんからの問い合わせで、MTAにも装着可能ですか?
っと聞かれても返答に困っていたのですが、これではっきりと答えれそうです。

当社でも初の試みとなる MTAへのフライホイール装着作業はどうなるのでしょうか。

まずは、ダイナモ測定で出力特性の変化を知るために計測しておきました。
IMG_0900
IMG_0908
上の盛り上がりがもう少し欲しいところです。

今回の作業は、事前に作戦を練りました。
どうやって分解するのが高効率なのかを。

作業性向上の為に、徹底的な分解を行う事に。
まずは最低限必要なフロントバンパーを外します。

いつものようにさっさと外すつもりが、ハイビームライトが邪魔でした。
しかも、ワイヤが繋がっているではないですか。
IMG_0914
IMG_0915
で、何のワイヤかというと。
IMG_0916
コアサポートまで伸びてきていて、アジャスト出来る様になっています。

ライト側で簡単に外せることも分かりましたので、今後の分解はスムーズです。
IMG_0917

さて、ひたすら分解コースです。

ん?でもちょっと待った。
エアコンガスが新ガスR1234が使われています。
IMG_0921 IMG_0920
って事は、回収機が必要?

ってな事で。
「ジャーン」
IMG_0919
抜かりなし!
もう当社には導入済の新ガス対応回収機です。

初の出番となりました。
IMG_0922
クーラントと、エアコンガスを回収して、がっつり分解コースです。
IMG_0980
アバルト500は、このユニットを外せばめちゃくちゃ整備性が上がります。
狭いところでセコセコやるよりも断然高効率!

IMG_0977
IMG_0978 IMG_0979
ずぶ濡れ大汗で分解しました~!

さ~次回はデュアルマスフライホイールの状態とコンバージョンキットの装着です!