イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

整備工場でもそうでなくても、持っていると役に立つ小さなアイテムを紹介

整備に使えるちょっとしたアイテムをご紹介します。
アルミ削り出しの複数サイズのこんなジョイントパーツ。
アルマイト処理も施され、酸化の心配も不要です。
IMG_1130
サイズは
16-16/  16/18  14/16

今回は、クラシックミニの整備で用いました。
IMG_1134
どこに使うかと言うと。
IMG_1133
2箇所あるヒーターホースジョイントの接続部に用いました。

実はココ、樹脂製のジョイントで繋がっています。

しかもクラシックミニなので、一番新しくても2000年代初頭。
ほとんどの車両で、樹脂劣化の確認できます。

当社では、整備に使えるアイテムを多種多様、色々な用途で使っています。

いざと言うとき、どんな物でどんな修理をするのか、また、耐久性重視で車を
仕上げるにはどんな方法がベストなのか、こう考えながら作業に取り組んでいます。

樹脂製の場合、ホースバンドを締めこんだ際に、破損する。。。そんな事もしばしば。
手加減して締め付ける配慮を強いられます。
IMG_1135
アルミ製なら、しっかりとホースを締め込めます。