イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ブリティッシュライトウェイトの代名詞 MG MIDGET は車検での入庫です

2019/08/20 | 何気ない作業風景

IMG_9081
稀ですが、当社では珍しい1台です。古くからのお客様のお車です。今回は、車検整備を行います。非常にコンディションの良い個体でして、大きな苦労を通過する事無く永い間楽しめる。そんな安心感の高いMGです。旧い車は、維持も大変ですが状態によってはボディの錆びとの戦いになる事が多く、機関を完調にできてもボディワークの作業は非常に大変ですので、そういった苦労をせずに乗れる旧車は非常に良いです。
私自身もMGという名には思い出深いものがあります。父がMGBに乗っていまして、子供の頃にはよくドライブに連れて行ってもらっていました。何気なくGoogleでMGBを検索すると、その車そのものが掲載されているのを見つけ、SOLD OUTの文字に感慨深いものがありました。今も元気に走っていると思うと嬉しいです。

エンジンルームは好感度が高く、気になる異音を感じない機関回りです。
IMG_9082
ただし、電気系統の見直しや、エンジン点火系統・燃調系統は手を入れる事で更に良い車になりそうです。

リヤブレーキドラムの内部の点検は必須です。
IMG_9076
ホイールシリンダの交換程度で、今回は終えることが出来そうです。永年の間点検のなされていないドラム内部ですと色々と着手が必要になりますが。非常に状態が良いです。

これが何だか分かりますか?
IMG_9079
正解は、ショックアブソーバなのです。アームストロング式と言います。通常の形状のショックアブソーバにコンバージョンしている車も多いのですが、この形状がオリジナルとなります。

入庫の当初より気になっていた、下品な排気漏れは簡単な処置で対策が出来そうで安心しました。
IMG_9077
勢いよく排出された痕跡が確認出来ます。

IMG_9087
これから本格的な作業に移っていきます。

旧い車は各部の造り込みがバツグン良いですね。