イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ジュリエッタが2回目の12ヶ月点検で入庫しました。

2014/05/17 | 何気ない作業風景

ジュリエッタは、12ヶ月点検でご入庫です。
まずは、お見積りをご用意する為、各部のチェックからスタートです。

CIMG8743
高年式の車ですから、目立つ損傷箇所は殆んど無いですね。
でも、ここは必ず、念入りにチェックが必要です!
CIMG8740
バッテリの点検ですね~。純正バッテリは突然死の可能性が高く、次回の車検時まで安心して乗って頂ける様に
点検が重要です。
最近のバッテリは、新しい規格が増えていてそれに見合ったテスターが必要です。
ジュリエッタに搭載されるバッテリは、EN2-SAE 540Aと記載がありますので、こちらのテスタにて点検を行います。

CIMG8741 CIMG8742
規格の新しいバッテリや、AGM やGELバッテリにも対応したBOSCHのテスターです。
今回のテスト結果に問題点は有りませんでしたが、お預り期間中にメンテナンスチャージを施工しておきましょう。

最近の車は、オルタネータの駆動によるロスを減らし、少しでも燃費を良くしようという計らいからか、充電監視システム
が採用されている場合が多くなってきました。
現在の消費電力や、バッテリ状態をコンピュータが管理し、不要な電圧を発電しなくする。というシステムです。
この制御は、理想的なようですがまだまだ制御方式に改善の余地があると思います。
電圧を下げるよりも、各部への供給電圧を高めたほうが効率的な場合もありますからね。
さらに、その制御によりバッテリの充電状態が低下している場合が多く見受けられます。
だからこそ、ステージ1ベーシックメンテナンスが必要なのです。

12ヶ月点検のご相談を頂く際に、お客様より「日帰りで施工できますか?」とのお問い合わせを頂く場合がございます。
当社での点検作業は、日帰りでの施工を行っておりません。
数日間のお預りをさせて頂き、車の状態把握・お見積もり・打ち合わせ と作業開始までにも意外に時間のかかるものです。
長く・良い状態でお乗り頂く為のアドバイスをさせて頂いています。