イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アルファロメオ147エンジン異音の修理とアルミクランクプーリの組み付け

147の1.6Lエンジンの異音修理と合わせて、タイミングベルトの交換も行います。
工場通信内であまり取り上げていませんが、カッコイイ パーツも組み付けます。

この度お預り中の147はエンジンより発する異音が酷い!
始動直後にガラガラガラ~と1分程音を発し、オイルが各部へ行き渡ると異音が止まるケースは
よくありますが、今回は走行中・信号待ち、シーンを問わず常にガラガラ言い放しという状況でした。
まるで旧いディーゼルエンジンを彷彿とさせるこの音は、気持ちの良いツインスパークエンジンにはあるまじきサウンドです。

と、いうわけでタイミングベルトの交換時期ではありませんが、ついでに交換しましょう。
CIMG8771
異音の発生原因は、タイミングバリエータからであるのは有名な話ですね。
通常のタイミングベルト交換に一手間追加になる作業内容です。
インテークカムシャフトを取り外して作業を行います。

この部品がタイミングバリエータです。
CIMG8772
カムシャフトの先端に取り付けられています。
より良いエンジンフィーリングを得る為に、エンジン負荷や回転数に合わせてバルブタイミングを
変化させる為の機構です。
作動は、エンジンのオイルラインの圧力(油圧)により管理されています。
それ故に、内部の劣化やオイル劣化が進むと正常に作動できなくなります。
だからこそ適切なオイルを適切な時期に交換することが大切なのですね。

せっかくなので、バリエータを分解してみました。
CIMG8774 CIMG8775
複数のギヤ・コイルスプリング・ワッシャで構成されています。
目視上分かる不具合は、ワッシャの劣化でしょうか。
内部のギア部はきれいです。
精密に検査を行えば、内部クリアランスの状態など問題はあるかもしれません。

固定ネジ部には緩み止めの為、ロックタイトが塗られていますので、ネジを清掃してから組み付けます。
CIMG8773

ウォータポンプも合わせて交換し、各部を組み付けます。
CIMG8776 CIMG8783

そして、クランクプーリはもちろん SessAアルミクランクプーリ機能以上に見た目の良さ!
CIMG8785 CIMG8786
おすすめです!