イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ムルティプラのブレーキキャリパをオーバーホールします。

これまた悲しいことに、ムルティプラはブレーキキャリパのシールキットが純正供給されません。
キャリパの動きが悪くなってきた場合、交換せざるを得ないという事になります。

ムルティプラにお乗りの方の多くは、使い勝手やサイズ感に魅力を感じている方が多く
代わりに乗りたい車が無い事に悩む方が多いです。

なので、当社で整備をお任せ頂いている方々には、最善の手段で永く乗れる提案をと心がけています。

ブレーキホースの交換・キャリパのグリスアップを行いましたが、やはりブレーキに引きづりが
残ってしまいます。
キャリパを外してみると、いかにも動きの悪そうなピストンが顔を出していました。
rimg1697 rimg1701

と、いうわけで分解を行い、適合するキャリパーシールを検証します。
rimg1700
ムルティプラは、前期・後期で装着されるキャリパが異なります。
今回は後期タイプのキャリパの作業を行っています。

ピストンも汚れが溜まり、スムーズには動かなさそうな見た目ですね~。
rimg1702

ピストンは清掃で綺麗になりました。
キャリパーシールキットの適合確認も採れましたので、リフレッシュできます。
私どももこれで一安心です。

ちなみに、先日は前期のキャリパもオーバーホールを行いました。
前期・後期を問わずムルティプラのキャリパオーバーホールが可能となりました。