イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

カングーⅡのブレーキメンンテナンス

33320CFD-4A11-4D79-BDEE-C3560C95B36E

メンテナンスでお預かり中のカングーⅡはスチーム洗車とあわせてブレーキ回りのメンテナンスを行いました。

2FDDAB65-975C-445E-BB3C-7ECEB8F330AC

まずはエンジンルームの洗浄から始まり

11462EA2-9933-4279-8B44-881E6975BF61175F7C13-75AC-4530-B9F8-414B1A4492AA

下回りもキレイに洗浄していきます。

今回はブレーキ回りの整備で低ダストパッドを装着しますのでブレーキ回りは特に入念に洗浄しました。

6BE3E61E-48FB-4823-A557-B11F7813379C

フロントブレーキローターの交換と前後のブレーキパッドをSessA低ダストブレーキパッドへの交換を行います

95B72F6F-6023-443C-9454-C46E032A9311

フロントパッドを外すと半分以下まで消耗していたことが確認できます。

184F39F7-BD7F-40DD-9FD8-07706EEF4556BAFDB709-A633-4574-AD19-1BD263BC9A46

マウンティングブラケットにはブレーキパッドの汚れがこびり付いて酷いことになってますので

54C1DB69-A6C7-4BAE-91A9-CB845F268182

トレントを使いしっかり洗浄した後にワイヤーブラシなどを使ってこびり付いた汚れを落とします。

3DBA8E29-1155-44FB-85D9-733ADE3162CB

ブレーキローターを外すとハブ面は案の定錆びだらけです

995C7F75-DD8D-422F-8AFE-F4554551EC66

102A1E7A-361A-492D-9172-918B704B859D

しっかりと錆や汚れを落とし、キレイにしてから組みつけしていきます。

FFE9E944-E167-4254-A7F0-CBF40D4DEB44

パッドとローターが変わると気持ちが良いです

 

 

2E6155E5-63B1-4197-B10A-CF5E938B4215

リヤブレーキに移り、こちらはブレーキローターを再利用します

とはいってもせっかく手をいれるのに汚いままのローターでは嫌なので

9978075D-F638-430A-A51F-24095A012B5C

5D54DE8D-F4EB-4C61-BBE9-70ABDCD794BF

軽く汚れを落とし

4E273E05-ED4D-468C-ACA2-AD4A3B6A5F3C

シルバーをササっと塗ってやると見違えます。

BF09F666-20FD-433B-BF6C-1A19121535E8

ピストンの戻り具合や

905F3616-0D2A-478F-85FC-9A6A932F81A7

フローティングのガイドピンの状態もしっかりとチェックしながら組付けていきます

EF6A9C1A-02E2-4642-BB16-891DD750DA0F

ローターもキレイにしたことでこちらもいい感じです。

69D33798-D97A-4B27-8461-459806EEC50B

仕上げにブレーキフルードも交換し作業完了

5A413AA6-E9D3-4240-A082-091BE09E9E256350AE89-2CE2-41E4-B650-89044D6DB5FA

下回りもキレイになり引き続き気持ちよく整備がすすめていけそうです。