イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ABARTH500 走行中80キロ以上でのブルブル振動の修理完了

今日の台風はすごかったです。
皆様のお住まいの地域の被害が心配です。

当社も被害を受けました。
なんとか応急処置は行いましたが、今日はスタッフ一同ヘロヘロに体力消耗しました。

早めに帰宅しましたので、日報を。

車検で入庫していたアバルト500の症例~修理です。

症状:時速80キロあたりから、アクセルオン時に車体に横揺れの様な振動を感じる。
アクセルオフで振動は静まり、オンで再発
それ以上の速度域では振動は消えていく

ホイールバランスの不良程度で済めばラッキーと思っていたのですが、
そんなに甘くは無かったです。

あらゆる手段を使い点検を行った結果。
(あらゆる手段=路上実走テスト・ダイナモ走行テスト・リフト上での走行テスト・目視点検や分解点検)

ここだっ、と狙いを定めて分解しまして。
一発で仕留めました。
IMG_0259
これがその原因箇所です。
左ドライブシャフトのインナージョイント不良です。

アバルト500は、この箇所のブーツバンドが緩い事が多く、少量づつグリス抜けを起こすケースを
多数見かけます。

その結果、内部グリスが完全に抜け出てしまった様です。

完全な修理には三叉ベアリングの交換が必要ですが、まずはここにグリスを充填することで
改善されるのかを試したところ、的中改善しました。

後日改めて部品を注文し、ドライブシャフトのメンテナンスを行うことに。

IMG_0288
ここが問題発生箇所です。
新品グリスをテスト充填し、試走した後ですので、モリブデングリスが新鮮です。

しっかりと掃除を行い、クローズアップしてベアリングを確認すると。
IMG_0294
相当ひどい状態です。
ベアリングが欠けたり、減ったりと見るも無残な状況になっています。
熱を持ったのか、焼けた色も確認できます。

そしてこちらが新品ベアリング。
IMG_0295
結構高価な部品です。

この症状が原因で、ほかにも波及が出ていました。
IMG_0256
エンジンロワマウントが横揺れに耐えれず、抜け出ていました。
はじめてみる光景です。

IMG_0289
新品に交換し、落ち着きました。

その他のマウント、エンジンマウントとミッションマウントもこの機会に新調します。
IMG_0274
IMG_0283
ミッションマウントは新旧の比較で、潰れているのが確認できますね。

以前、このボルトが折れた実例がありましたので交換しておきます。
IMG_0275
ミッションマウントのメインボルトです。
横揺れによる疲労感から後日折れては大変ですので。

車のトラブルはケースバイ・ケースです。
症状にあわせて、1台1台点検・整備を行っています。