イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

クリオ3RS サーモスタット原因のオーバークール そういう時期なんですね

このところ、取り上げることの多いクリオ&ルーテシア3RSですが、サーモスタットの不具合も非常に多くなっています。

以前にサーモスタット不良による、レヴリミットの変化についてお話ししましたね。

水温により、レヴリミットが変わっていては困ります。

さらに、これからの季節にサーモスタットが開きっぱなしですと、オーバークールにより室内のヒーターも効かなくなり、運転中に寒い思いをしなくてはいけなくなります。

今回のクリオは、過去記事を読んで、自身の車の不具合に気付いたそうです。

実際に外したものを見てみると。。。

CA478E31-E52C-43DE-B793-1977BBB5480B

外した時点で開いています。

F2B31965-5C88-4AA6-8151-669A6B661741

パックリと開いていて、隙間から地面が見えます。

241E8ACA-F09D-4563-A7F2-FA7DAB7864D2

外気に触れることで、冷やされますので次第に閉じてはいきますが、明らかに早い段階で開いてしまっていた様です。

交換後は水温計の針が安定しました。

視覚的な不安も取り除けました。

クリオに限らず、ご自身の車の水温計の動きも一度ご確認下さい。

停車中に真ん中位を指し、走り始めると針がスーッと下がるようではサーモスタット不良の可能性が高いです。

開き始めが早いならまだマシですが、開かない場合はオーバーヒートしますので、非常に危険ですよ。

そういった意味でも、サーモスタット、定期交換部品ですね。