イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

クリオ3RSのタイミングベルトの交換です

本当に多くなりました。クリオ&ルーテシア3が。
アバルトに匹敵する位に専門店化してきています。

当社の現在の入庫台数トップの1位はやはりアバルト?
2位はどうもこのところクリオ3になってきています。

どちらの車両もメカニカル整備の難易度が高い車両です。

本日の車両はクリオ3のフェーズ1です。
珍しい車ですが、同じ時期にもう一台同じ車も入庫しています。
こちらは12ヶ月点検でのご入庫です。
もう一台は車検でのご入庫です。
IMG_2482

タイミングベルトの交換ですが、まず目に飛び込んだのが。
コレ。
IMG_2480
IMG_2481
クランクプーリの劣化による、マーキングのズレです。

モチロン、オリジナルの軽量プーリへと交換します。
IMG_2489
このプーリ、本当に良いですよ!
対純正比の重量差がトップクラスなので、エンジンが軽く回るようになります。

先日、同業種のメカニックの方と同一車両のタイミングベルト交換の
話をする機会がありました。
自分が当たり前と思ってやっている事が、慣れているからスムーズに
進行できているっていう事に深く実感しました。
IMG_2483
クリオ3もクリオ2も、タイミングベルト交換は一手間かかるエンジンです。

IMG_2487
上死点ゲージと、カムロック・クランクロックを行い、進行します。
IMG_2485 IMG_2486

言わずと知れたウォータポンプも交換です。
IMG_2484
カムプーリーに赤ペンが付けられていますが、私が付けたわけではありません。
無くても出来ます。

以前に誰が付けたのかは不明ですが、こういうの、本当に良くないと思います。

タイミングベルトの交換は、確実に信頼のおける工場に任せて下さい!