イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー307 クラッチ作業進行中

このところずっとミッション脱着を行っています。

そんな中の307は、当社では2度目のクラッチ交換作業です。

お客様の意識が高く、クラッチペダルの踏み心地に違和感を感じたので、もう換えたいとの事。
これは、新車のクラッチフィーリングを知り、過去のクラッチ交換後のフィーリングの違いを
知るからこその判断ですね。
RIMG2914

クラッチディスクの減りは、走行距離が多くない為それほどではありませんが、
ペダルを踏む際にスライドする部分は、油分が切れ動きが渋くなっていました。
RIMG2915 RIMG2916

サブフレームを外して行う作業ですので、この機会に行っておくべき不具合も合わせて点検します。
RIMG2975
ロワアームと連結するボールジョイント部に大きなガタつきがあった為交換します。

余談ですが、最近購入した作業用LEDライトが非常に調子が良いです。
RIMG2917
マグネットが強力です。そして、マグネットベースの上からは首振り機構を備えています。

明るさ調整ができるのも嬉しいです。
RIMG2922 RIMG2923

マグネットの強さは、クラッチカバーをギリギリ上げれる位です。
RIMG2926

さて、次のミッション降ろしはこの子です。
お待たせしてすみません。
RIMG2978
パンダ2 4X4です。