イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アバルト500 ATS LSD 組み付け作業始まりました

IMG_4047
数ヶ月のバックオーダーの末、昨年の年末に入荷したATSの機械式LSDです。
メタル式のサイレントを組み付けます。

当社で何度か組み付けを行っていますが、一貫してサイレント式を組んでいます。
この仕様が街乗り兼サーキットの方には最も良いと思います。

グングンと分解し、ミッションを降ろしました。
IMG_4028
この間はスイッチが入っていた為、経過画像はありません。

降りたミッションのクラッチハウジング内を確認すると。
IMG_4029 IMG_4030
フロントシールからオイルが漏れていました。
そのため、ハウジング内部はクラッチダストがオイルに塗れて真っ黒に。

施術台にセット・固定します。
IMG_4035

IMG_4038IMG_4040
ミッションケースをガバッと開けた直後の状態。
まだオイルに浸された状態の内部です。

この状態では、シンクロやベアリングの点検ができません。
IMG_4059
キレイに洗浄しまして、カラッカラの状態にリセットします。
もちろんケースもピカピカに洗浄します。
当社の場合、これらの洗浄にはトレントを使用するのですが、あっという間の
一瞬でこの状態まで洗浄が可能です。

的確・確実な作業のためにも、洗浄という作業項目は大切です。

外したノーマルデフと、ATS LSD
IMG_4051
この後、リングギヤを組替え、ベアリングを取り付けてプリロードの調整に移行します。

アバルトやアルファのミッションケースに用いるボルトは、取付箇所により
長さが異なります。
そのため、勢いで取り外すと、組み付けの際やプリロード調整の際に
一度考える時間が必要になります。
IMG_4063
時間の無駄なので、それぞれにカラーマーキングを施して、考えなくても
正しい箇所に、正しいボルトが取付られる様にしています。

IMG_4050
引き続き作業を進めます。