イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ブレンボキャリパーのオーバーホールを行います アルファロメオ GTV

IMG_4701
とてもキレイなGTVです。
オールペイント済で、オーナー様こだわりのカラーを纏っています。
純正設定の無い色にペイントを行った場合、なんとなくイメージがかわってしまうことがありがちなのですが、非常に上手にまとめていて違和感の無い仕上がりなんです。

年数経過により、ブレーキキャリパーのオーバーホール時期を迎えていますので、今回の車検整備に合せてキャリパーとパッド、ディスクローターをリフレッシュしたいと思います。
IMG_4702
キャリパーは車両側から取り外し、分解します。
IMG_4706
対向ピストン 4ポットキャリパーはブレンボ製です。
純正パーツとしては、供給の無いキャリパーシール&ブーツですが。。
IMG_4707
なんと、在庫持っています
しかもあらゆるブレンボキャリパーに対応出来るように、各サイズの設定と車種別サイズラインナップまで把握していますので、分解前にパーツの確認を行う事ができます。

分解したキャリパーは、シールとブーツ・ピストンを取り出し、その後は油路を含めシールの納まる溝などの点検を行い、トレントによる洗浄で細部まで徹底洗浄を行います。
各部を組替えて、給油も施工し、キャリパー単体の完成です。
IMG_4708 IMG_4709

新調するディスクロータは、ディクセルのスリッド入りをチョイスしました。
IMG_4711
ディスク交換の際にスリッド入りを選択する年齢層がどんどん高くなっている気がします。
機能的にも、見た目的にも、断然良いので若い世代もこういうツボを押さえたパーツチョイスしていきましょうよ!

ブレーキパーツがキレイだと、車の印象が格段に良くなります。
IMG_4713