イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

フィアット500 ツインエアー 足回り数値の調整

クラッチ廻り整備を行った。FIAT500の足回り調整を行います。

最近の前輪駆動のエンジントランスミッション横置きの車両は、はトランスミッション脱着時、サスペションメンバーの脱着が必ず必要となります。

重複作業が多い為、フロントサスペションの整備は、作業費用が抑えられる同時施工をお薦めしております。

サスペションメンバーの脱着と動きが大きくなったフロントロワアームのブッシュ交換も行った為、大きくアライメント数値が変化します。4輪アライメントテスターにて適正数値に調整です。

S__11468816 S__11468818 S__11468821

フロントキャスター角の左右不揃いが気になり出来る限り調整も試みます。

 

ロワアーム取り付け前後スクリューを緩め、ホール公差を利用して数値を探ります。

SessAロワアームブッシュが組み込まれてる為、ブッシュの動きが矯正されていますが、ホール公差にてアームの動きが見てとれます。