イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

後ろ足ダメージのFIAT500

右ハンドルの見切りの悪い、左リヤタイヤを縁石にヒットしダメージの有る足廻りを治しました。

見た目に明らかに左右のホイールベースが狂い、SDLテスターにてリヤトーションビームに曲がりが有る事が計測されました。
新品部品が国内在庫が有り、左リヤハブ廻りも同時交換、リヤセクションごっそり交換です。

IMG_0053

リヤのトーインが大きくアウト方向に向いてます。

IMG_0026

IMG_0032

IMG_0028

IMG_0031

IMG_0034

IMG_0045

IMG_0050

新しい部品を組み付け、可動部のブッシュを荷重を掛けた状態で増し締め、足廻りの測定を行います。

IMG_0051

IMG_0055

IMG_0054

本来の足廻りが復活しました。

作業前は、リヤのアライメント不良にて大きくステアリングセンターが狂い、走行に大きな違和感が有りました。安全走行を行う為に直進走行時、ステアリング位置に変化を感じた際は、的確な診断をお勧めします。