イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

クリオ3 RS サスペンションメンテナンスの開始です Part.4

IMG_8373
オーバーホールから戻ってきたビルシュタインB14 もはや既製品では無く、今回の仕様変更に合わせて仕立てた特注品とも言えます。

DSC_9487
カートリッジを取り出し、ストローク量の調整も行いました。なんとなくなイメージですが、ブラケットやアウターケースに入った完成品状態の物をショックアブソーバと思ってしまいますが、ショックアブソーバはこのカートリッジで取り外した中身の事を言います。付随するパーツは周辺部品で、これらが組み合わされて1つのパーツに完成します。
DSC_9489
白色の樹脂パーツをサイズ変更しました。ピストンのストローク量には余裕があるのですが、これでは常時バンプタッチさせる事になります。せっかくレートを上げてサスペンションチューニングを行うのですから、ダンパーストロークの確保は行いたいところです。

アッパーのスプリングシートには、スラストベアリング入りを用います。
DSC_9493
そしてピロアッパーマウント
IMG_8552
ゴムマウント特有の柔らかさは、純正サスにはぴったりですが、硬めた足回りには向きません。寿命が非常に短くなり、異音を発する原因にもなります。キャンバー角度を調整可能なアッパーマウントに変更しました。

IMG_8543 IMG_8544
各部を組み付けて、試運転・テストを行います。