イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

106のドライブシャフトオーバーホール

車検でお預かりしているプジョー106のドライブシャフのオーバーホールを行いました。

CC2AC6A4-4BA4-4765-8B17-C98604DC44EE

C7CB7FC7-0501-4437-B74B-CC14351AC84C

車両からドライブシャフトを取り外します。

ブーツの破れなどはありませんがこちらのドライブシャフトは新車から一度もブーツ交換をした形跡がありません。

という事はドライブシャフト内のグリスも交換されずに10万キロ以上走行しています、という訳でブーツの劣化も当然ですが内部の古いグリスの交換も大きな目的となります。

8B5896F8-0EBA-46FA-ACB9-7C38AD1222D0

分解を開始すると早速異変に気付きます。

F1B8583F-A3B5-4EC7-8955-6ECD32746249

インナー側のブーツ内部のグリスの量が異様に少なく黒く劣化した状態になっていました。

このまま使い続けいていたらどうなっていたか、今回オーバーホールを行ってよかったです。

7FDB331C-FCD2-4184-8417-F2452B246679

続いてアウター側の分解です。ブーツにもひび割れがみえ劣化しています。

9B17757E-38AA-49E0-80BF-6D2DC57CF2C6

こちらはさっきのインナーブーツのグリスの状態とは対称的にシャバシャバに水っぽくなったグリスがこぼれる様にでてきました。どちらにしてもグリスの劣化はなかなか酷い状態ですね。

8F806AEC-B147-458B-AF01-5B248DE58102

分解できたらトレントを使って内部に残ったグリスをしっかりと洗浄します。

00356D80-32D6-4F9F-A1F8-106DB57F0EDE

アッと今にグリスっけの無いキレイな状態まで洗浄できましたので組付けにかかります。

5C9A2F1C-78CC-45E6-B91C-3DCB955880F2

9831101C-52CA-4A1C-BCEB-0EDB20A07110

長いほうのシャフトの中間支持部にあるベアリングもプレスを使い交換です

C29EE4D0-2408-4DE2-B48C-FD0858E87835

753D563F-94E5-4A02-9D04-7080444BEEF8A5952162-C7E2-4D74-86FD-52D96E94BE11

新しいグリスをしっかりと充填しながら組付けていきます。

17F878F0-5634-4709-BD56-3B0A6F2EAB4E

固いアウターブーツのバンドもしっかりと閉めていけば

AB46DD5B-059E-40EB-88B7-137583407757

オーバーホール完了です。

0C4A8EA9-75EB-49E9-8AA5-19F082A79825

車両に組み付ける際にはドライブシャフトの刺さる個所のデフサイドシールも交換です。

665276FC-BF15-493A-98B2-59B4E9B33625

シャフトの組付けが完了したらミッションオイルを入れ作業完了。

これでまだまだ長く乗っていけますね。