イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ハイパーPEUGEOT308のフットワーク整備

プジョー308GTiのSessAブレーキパッド変更と4輪アライメント調整のご依頼です。走行3000キロに満た無い車両ですが、低く構えた車両の偏平19インチタイヤは、タイヤ編摩耗の危機でした。

サスペションの各部を点検から作業スタート。この車両は、フロントサスペションメンバーが、3ピースにて構成されており、モノコックシャーシに取り付けられてます。残念な事に新車より増し締め作業が行われて無い様で、サスペションメンバーの組み付けボルトが緩んでました。

経験上、モノコックボディのスチール材とアルミ材のサスペションメンバーの締め付け箇所は、剛性の違いで緩み易いと思います。コマメな点検がお薦めです。

IMG_1141

IMG_1159

IMG_1134

IMG_1135

IMG_1147

IMG_1148

IMG_1155

DSC_1519

DSC_1510

DSC_1503

リヤの電動サイドブレーキを解除してパッド交換を行います。

IMG_1162

IMG_1161

IMG_1158

ホイールの汚れやブレーキローターへの攻撃性を最小限に抑え、最上なブレーキフィーリングをご提供します。