イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ALFAROMEO 156 (アルファロメオ156) フルードが危険信号です!

IMG_0143
車検整備でお預かりしたアルファロメオ156 ですが、ブレーキフルードをチェックしたところ、随分と吸湿が進んでしまっている様でした。

ご覧の様にテスターの先端をフルードに漬け込むと、判定がインジゲータで表示されます。
IMG_0144
なんと、真っ赤!になりました。ブレーキフルードの使用期限を完全に過ぎた状態となっていました。

テスタでの評価でフルード交換を決めているのではありませんが、判断し状況の把握を行っています。

フルードを、チェンジャーを用いて交換しました。
IMG_0146

交換後のフルードを改めてテスターで診て見ると。
IMG_0147
交換の直後ですので当然ですが、非常に良い状態になりました。

来週以降、引き続き作業を進めていきます。

Written by Hashimoto