ルーテシア3RS 最終仕上げ
ダイナモ動画付き


多岐にわたる作業を終え、各部最終仕上げを行っているのは、ルーテシア3RSです。

今回の作業では、サスペンションのみならずステージ3メンテナンスも施工しています。
入庫時は、エンジン出力が適正値まで出ておらず、パワー感の無いエンジンでしたが一連作業の後のダイナモ結果では見事に上回る結果を残せました。

NAエンジンの良さを十分に感じられる、回転が上昇する程にパワー感を感じられる理想的な結果となりました。
ルノーは本当に良いエンジンを造るカーメーカーだと実感します。

KWサスペンションに、HALのスプリングそしてピロアッパーマウントを装着し、入庫時とはまるで異なる旋回性能もご提供出来ました。

作業開始のスチーム洗車も入念に行いました。


サスペンションや、タイヤハウス、そしてアンダーフロワまで積もった汚れを除去し、作業性の向上に貢献します。

テールランプ内のバルブは、一部に球切れをみつけましたので、こんな時は全数交換を行います。
一つの球切れが始まり、その箇所のみを交換すると、必ずしばらく後に他の部分も球切れします。

肝心なのは、ランプを外した後のボディ側の汚れのお掃除。

見違えるほどに綺麗になりました。
ただ単に目的部品を換えるだけでは終わらないのが当社流です。


明日は、当車両の納車日です。
きっと楽しみにされている事と思います。
色々なところが別物に生まれ変わった愛車をお楽しみください。

Written by Hashimoto