イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

メガーヌ3GT メンテナンスのスタート

IMG_4088
作業開始と同時に一斉分解が始まったのは、ルノーメガーヌエステートです。バンパー・ヘッドライト・そしてラジエタ・インタークーラを含むフロントセクション一式をごっそりと取り外す所から始めました。狭いエンジンルームにぎっしりと詰まっている車ですので、ここまで分解を行うと、整備性が向上します。
IMG_4090
エステートモデルにRSキャリパーと、ディスクロータを装着しています。流用技ですね。
IMG_4089
アップライトがRSとは異なるため、そのままでは装着できません。ブラケットを製作しています。これだけでは装着できないので、更に仕掛けを仕込んでいます。

フロントセクションを分解した後に、続いてはフロントサブフレームも取り外しました。
IMG_4095
IMG_4096
フロントダンパーはビルシュタインB8 スプリングはH&Rです。こちらもズバリの設定が無い為、流用で組み込みました。
IMG_4103
ロワアームの左右末端に備わるボールジョイントに大きなガタが生じているため、アームを交換します。

IMG_3857
引き続き作業を進めます。
ターボモデルは、NAよりも作業性が悪くなります。総作業費用は大きくなりますが、関連性の作業をまとめる事で高効率化を目指します。

Written by Hashimoto