プジョー106ミッショントラブルの修理


走行中に突然3速ギヤが使えなくなるという滅多に遭遇しないトラブルに見舞われたのは、プジョー106S16です。
多数の106を取り扱う中でも、非常にレアなケースのトラブルでした。

ドレンコックのマグネットに金属片が付着していたので、まずはミッションの取り外しと分解から開始です。
ケースを開けてみると、3速ギヤが見事に崩壊していました。

正常な状態の他のギヤと比較すると、違いを理解できます。
小さなギザギザの部分が崩れて無くなっていますね。この部分にシンクロナイザーが噛み合い凝結となるのですが、砕け散っている為凝結不可能な状態です。

ひとまず、ケース内部に備わる全ての部品を取り外し、異物の除去と洗浄を行います。


ディファレンシャルギヤを取り外したハウジングの中には、ドレンコックのマグネットには付着しなかった金属片が沢山残っていました。
お客様はこの状態で走行して、当社までご来店頂きましたが、2次災害が発生しなくて良かったです。
一つ間違えば、金属片が各部に噛み込みミッションケースの崩壊も考えられる事態です。

部品の調達が出来ましたので、安心できました。
引き続き作業を進めます。

Written by Hashimoto