SessAのサスペンションKITの最大ローダウンについて


良いサンプルがデータ採りできました。
絶賛好評中のSessAオリジナルサスペンションを限界まで下げるとどうなるのか。

あらかじめお伝えしておきたいのは、極端なローダウンを行う為に設計していないと言う事です。
なのですがどの程度まで下がるのかも気になる所。

リヤスプリングは複数用意していますので、今回用いた物はABCの中のBタイプです。
レートと自由長が異なります。
アバルトには標準ではCタイプとしています。

冒頭画像は、Bタイプスプリングに、スラストベアリング入りです。
スラストベアリングが入らなければもっと下がります。

ホイールのリムからフェンダーまでの寸法は 530mm~535mm 205/40-17 の場合。

フロントは約540mm

当社ではこの車高でセットアップする事はありません。
バランス・乗り心地を考えてもう少し上げます。

よく車高を指で把握しますが、全下げではリヤは斜めに指が入るイメージです。

フロントはまっすぐ指が1本入るイメージです。

今回のリクエスト内容を実際の車高で現すと、こうなります。

これで、フロント550mm リヤ550mmとなります。

当社のデモカーは、リヤを555mm位にセットしています。

指で現しますと。

リヤは、指1本が真っ直ぐ入るイメージ。
フロントは、指1本が入り遊びがあるイメージです。

この車高で段差も気にせず、ぐいぐい踏んでいけるアシです。

路面の凹凸が怖い方に特にお勧めと言えます。

結構ガツガツきますからね、チンクのローダウンは。

ぜひご検討下さい!

Written by Hashimoto