106S16のタイミングベルトや吸気系統の整備


永年当社で整備をお任せ頂いている106です。お客様がとても遠い地域に引っ越される事が決まり、残された期間を使って当社で行うメンテナンスをご依頼頂きました。
まずはタイミングベルトの交換を行います。

ベルトカバーを開け、ピストン位置を規定の箇所に移動し、カムプーリーの位置に微量ですがズレが生じていました。
画像は、ミラーにて確認した位置決めのポイントです。
カムシャフトの位置と、エンジンヘッド側のマーク位置にズレが生じているのが確認出来ます。

ウォータポンプは水漏れを起こしていました。

カムスプロケットの動きを改善する事で、ベルトを張る際に均等に張力を与える事が可能となります。
スプロケットの自由な動きを妨げる錆汚れを除去することで、円滑な動きが可能となります。
ここの動きが悪いと、カムプーリ間のベルトのタワミが拭えず、異音を発することになります。

この後インテーク系統を分解し、メンテナンスを行います。

引き続き作業を進めます。

Written by Hashimoto