イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

こんなアシを待っていた!ABARTH500 595&FIAT500 (アバルト・チンク) 完全新設計 オリジナル サスペンションKIT 完成です

IMG_1223
自信作が仕上がりました!
以前に告知をしました、アバルト用のサスペンションキットが製品完成&取付完了です。
IMG_1221
IMG_1232

「今回のサスペンションキットのポイント」
街乗り快適気持ちがよく、どっしりとした乗り味で安定感が高い。
跳ねないから、追従性が高く、乗っていて怖さを感じない。
フロントダンパーの伸び側ストロークを十分に確保した事により、路面状況が悪いシーンにおいて
接地感が抜けることが無く、安心・安全なドライブを楽しめます。
車高の落ち幅は、あくまで正統派なローダウンを実現しています。
17インチをしっかりと履きこなす、包容力の高い減衰特性がこれまでのサスペンションの概念を変えます。

キット内容
「ストリートスポーツ バージョン」
前後ダンパー  (フロントは倒立/ねじ式アジャスタブル・リヤは46mm径ピストンを採用)
前後スプリング (フロント直巻き・リヤ異径)
リヤハイトアジャスタ (ねじ式)+スプリングロワシート
*アッパーマウント及びアッパーシートは含みません*

価格:¥267.000-(税別)

今回のアバルトには、オプション設定のスフェリカルアッパーとベアリング内蔵アッパーシートを組付けます。
IMG_1222
IMG_1234
今回のスプリングレートは、フロント:4キロ リヤ:4キロ
リヤスプリングは当社オリジナル製品を使用します。

フロントのダウン量は約  10mm
IMG_1225

リヤのダウン量は 35~40mm
IMG_1237

IMG_1238
フロントのダウン量を控え目に留めながら、リヤを大胆に下げることでフロントバンパー下側を擦るリスクを低減できます。
前後バランスの取れた自然な落ち具合で、大人スタイルの完成です。
IMG_1031
ちなみに、作業前の車高はこんな感じ。ノーズダイブしたかの様なリヤの高さには違和感を感じます。

リヤのバンプストップラバーは車高とバネレートに合わせて寸法調整を行います。
IMG_1245
ノーマルと比べても、大きく変わらないダンパーの全長は、車高調の概念を変える設計です。
IMG_1248
極太なリヤダンパーは、暴れやすいチンクのリヤ足をかしこく制御可能。
IMG_1233

IMG_1251
作業後は4輪トータルアライメントにて、確実な調整を行います。

BOSCH SDLテストにおいて、どの程度の違いが出たかも気になります。

作業前は、ダンパーのお疲れ具合がグラフによく現れています。
20191025175253_00001
前後共に、路面粘着率が低下しています。
アバルトやチンクの場合、この様なグラフは非常にNGでして、俗にいう跳ねる・乗り心地が悪く不安定な状況を
読み取れるグラフです。

今回の新作ダンパーのグラフは、フロントのスフェリカルアッパーの効果も重なり
高周波時の接地感が飛躍的に向上しています。
高速域での不安が無く、安定感が高いという解釈がグラフから読み取れます。
20191025175302_00001

完全新設計・新規作成でのサスペンションが出来上がりました。

ストリートスポーツ仕様は、街乗りユースに焦点を絞りました。
車高は下げたいけど、乗り心地が悪いのは嫌だ。。。皆さんが口をそろえて言うのはソレです。
どの製品を組めばいいのか悩む。。。

真面目に企画~製作までを行った、当製品は期待を裏切らない結果をご提供します。

サーキット仕様をお望みの方には、ダンパーストローク・減衰・バネレートの変更を行った仕様もご用意が可能です。

Written by Hashimoto