イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

グランデプント・アバルト ドライブシャフトもしっかり抜かりなくメンテします

本当に多岐にわたる作業が山積みなグラプン君です。

LSDで武装しましたので、駆動系統への負担はかなりのものになります。

と、いうわけでドライブシャフトもしっかりとリフレッシュ!
IMG_1492
ドライブシャフトのブーツ、過去のことを思うと、本当に破れなくなりました。
昔は、ホイールを外すと、裏側がグリスだらけ~...ってな事が多発したものです。
プジョー205とかの時代ですね。

待ってても破れないブーツで怖いのは、中身のグリスは劣化するという事です。
IMG_1494
劣化したグリスは、駆動力に負けてユニバーサルジョイントにダメージを与えます。
ですので、外観上は良くても中身を新調する意味でリフレッシュします。

インナーブーツを切開すると、オイル上に劣化したグリスがタラ~っと流れ出ます。
IMG_1495
まるで賞味期限切れです。

アウターブーツの内部グリスは液状化ではありませんが、なんだかグリスは少なめ。
IMG_1496

この汚いグリスを、灯油と、トレントで洗浄!
IMG_1499 IMG_1500
皆さんが思うよりも、驚くほどの短時間でここまで綺麗になるのは、
トレントのおかげです。
トレントを導入してからは、こういう作業の効率が上がりすぎています。

良質なグリスを詰め込みます。
IMG_1504
ハードな走りを行う車には、グリスを特別仕様にしています。

バンドは特殊ロックですので、専用工具でロック。
IMG_1506

完成!
IMG_1508
これでグイグイ攻められます。

必須作業のひとつです。