イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

フィアット500チェックランプのトラブルシュート

チェックランプの点灯..イヤですよね。

お客様が嫌がるのは当然ですが、原因を調べる私達も正直嫌な作業です。

テスタを繋げば答えがわかるわけではありません。

じゃぁ、テスターは何の為にあるの?っと思われがちですが、トラブルを治す為ではなく
私達にヒントを与えてくれる1つのツールなのです。

特に今回の様なトラブルの場合、テスタは何の役にも立ちません。

試運転中に、気付けばメータ左下にビックリマークが点灯していました。
RIMG2774
工場に戻ってテスターでまずはチェックです。

「不明の故障」
はい、つかみ所の無いエラーが入っていました。

テスタがこういう事を言う場合、最も難しい状態に陥ります。

ここからは、メカニックの経験と勘が必要となります。

実際に感じる不具合は無いか?

特に気になることは走行中に感じなかったのですが、アイドルストップを停止している
車両のため、信号待ちでエンジンは停止しません。

アイドルストップが効く状態でもう一度試運転に出かけます。

予感は的中です。アイドルストップが本来効くタイミングで、ビックリマークが点灯しました。

原因追求するまでの道のりが短縮できそうです。

まずは、もっとも怪しいのが電流制御システムです。
これは、バッテリターミナルマイナス側に装着されています。

そこに目を向ける時に、ん?という物が目に入りました。
RIMG2771 RIMG2772
電流検知をする部品に繋がる配線が、ボロボロです。

作業前にエンジンルーム内にパンくずが落ちていたので、ねずみの仕業だな、と思っていましたが
こんな事まで起きていたとは..。

早速不具合箇所を切断し、新しい配線をハンダで繋ぎます。
RIMG2776

思ったよりも簡単に治ってよかった、と思いきや、エラー入力は治っていません。

ならば、次は電源回路をチェックです。
RIMG2778
どのフューズが何なのかを調べるよりも先に、全数をチェックします。
一番最後にサーキットテスタをあてたフューズの示す数値が何か変です。

抜いてみると。
RIMG2780
はい、ビンゴ!

再度、試運転を行い、状態の回復を確認し、テスタでのエラーチェックをするも、エラー入力は無し。
RIMG2781 RIMG2783
スムーズに完治し、一安心です。

おそらく、ネズミが配線を噛んだ際に配線同士がショートしたのでしょうね。

こんなトラブルですから、テスタのエラー内容としてはズバリを表示しなくて当然です。

エラーの種類は様々ですが、いつもこの様に一つ一つ原因を探りながら作業を行っています。